最新記事一覧

 

 永先生のこれは知っておいて欲しい病気のお話。今回は「病初期は気付かれにくいマイコプラズマ感染症」 

水曜日, 11月 28th, 2018

 

 

アイコンをクリックして、是非ご覧ください。

今回は、病初期は気付かれにくいマイコプラズマ感染症についてのお話です。


 

 【12月診療カレンダー更新・年末年始休診のお知らせ12/31(水)~1/3(木)】年末は30日(日)まで診療いたします。

水曜日, 11月 21st, 2018

 

 

 

 年末年始は、下記のとおり休診いたします。

12月30日(日) 通常どおり診療

12月31日(月) 休 診

1月1日(火)   休 診

1月2日(水)   休 診

1月3日(木)   休 診

1月4日(金) より、通常どおり診療

診療時間外または夜間など救急対応が必要な場合にはお手数ですが、

救急医療情報県民案内 048-824-4199 または小児救急電話相談 ♯8000へお問い合わせください。

休診中は皆様にご不便、ご迷惑をお掛けすることと存じますが

何卒、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。


 

 平成30年10月18日(木)「なぜなぜスクール」に、ご参加ありがとうございました。

金曜日, 8月 17th, 2018

 

 

IMGP1466 IMGP1463IMGP1469 IMGP1472 IMGP1474 IMGP1476

なぜなぜスクール のお知らせ

ママのなぜ? にお答えします。

平成30年10月18日 (木) 10時~11時30分 扶顛堂たかぎクリニック新館2階図書室

 

第1部

   「どうしてアレルギーになるの?」

   講師 院長 髙木 学

第2部

   「スキンケアから始まるアレルギー予防」                                                                                                                                                                       乳児期のスキンケアの重要性と具体的な方法の解説

   講師 副院長 髙木 永(ひさし)

1. 日時  平成30年10月18日 (木) 10時~11時30分 

2. 場所  扶顛堂たかぎクリニック新館2階図書室

3. 参加費  無料

 

今後も定期的に開催していきますので、皆様のご参加をお待ちしております。

お申込み・お問い合わせ先                                     扶顛堂たかぎクリニック ℡ 0480-21-0124 または 受付でも可。

※お子様も一緒にどうぞ、職員がお預かりいたします。

 

ご参加いただきありがとうごさいました。定員20名のところ大幅に超えるおかあさんや保育士の方にお集まりいただきました。1部・2部アレルギーについて講演させていただきました。今後も定期的に開催してまいりますので、皆様のご参加をお待ちしております。   職員一同

 


 

 ♪無料です♪ 看護師による予防接種スケジュール相談(予約)を始めました。詳しいお問い合わせは・・

火曜日, 5月 15th, 2018

 

 


看護師が相談をお受けいたします。

お気軽に声をかけてください。

お問い合わせ先は、

受付 または

防接種専用電話(0480-23-6212)まで。

ご予約お受けしています。



 

 【お知らせ】4月から小児腎臓外来を開設いたします、新体制に伴い医師の異動があります。

土曜日, 3月 17th, 2018

 

 

 

医師変更のお知らせ

平成30年4月より下記のとおり変更となります。

※ 4月より、常勤医師 2名( 髙木院長、髙木 永 先生 )体制となり毎日同じ医師が

  診療を担当させていただき ます。

        髙木 永  先生は、小児科専門医・専門分野 小児腎臓病ですので 血尿・たんぱく尿

  など腎臓専門の診療もいたします。

※ 小児腎臓外来 毎週月曜日 14時から   要予約

 

※ 月曜日 三谷先生、火曜日・金曜日 名知先生、土曜日 東京大学小児科の先生方は

3月いっぱいにて診療は終了となります。

※ 水曜日 海老原先生は、月曜日の診療に変更となります。

※ 4月より第一水曜日 15時から循環器外来(遠藤先生)の診療を開始いたします。

※ なお、月曜日の髙木院長の診療はありません。

 

皆様にはご不便、ご迷惑をお掛けすることと存じますが

何卒、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 


 

 待合室に海水魚水槽を設置いたしました。カラフルで蛍光色の世界中のお魚が泳いでます。

火曜日, 8月 1st, 2017

 

 

line_1508579521451line_1508579417262IMGP1441IMGP1442IMGP1443IMGP1444


 

 プラセンタ療法始めました。 (更年期障害・疼痛・美容などに) ~抽出エキスの皮下注射、サブリメント、化粧品で~  詳しくはこちらをご覧ください。

水曜日, 7月 27th, 2016

 

 

★11420_007_メルスモン ★11420_005_メルスモンプレミアムカプセル(シート付) ★11420_004_ラ・プレシア集合

更年期障害 疼痛 美容 などに

プラセンタ療法

~抽出エキスの皮下注射 サプリメント 化粧品で~

 

プラセンタとは?

「プラセンタ」とは、「胎盤」のことです。

胎盤とは、胎児と母親とを結ぶ臓器で、胎児にはまだ十分に備わっていない各種臓器の機能を代行したり、母親から栄養を胎児に運び、胎児の排泄物を母親に渡すなどのほか、毒物などの物質の侵入から胎児を守る免疫機能の役割も果たしています。

「プラセンタ」は着床した受精卵をわずか10か月で見事な赤ちゃんに成長させる「万能臓器」と言えるかもしれません。

 

プラセンタ療法とは?

プラセンタは、紀元前から薬用に用いられてきました。

ヒポクラテスが治療などに利用したり、クレオパトラやマリー・アントワネット 楊貴妃などが美容のために用いたと伝えられています。

このように長い間使われてきたプラセンタを近年安全で簡単に治療ができるような プラセンタ抽出エキス由来の注射が開発されました。

「プラセンタ療法」とは、プラセンタエキスを原料とした注射剤 サプリメント 化粧品などを病気治療や健康増進 アンチエイジングや美容などの為に用いる療法の事をいいます。

 

こんな時 プラセンタが 役立つ

プラセンタは、新陳代謝を促進 自律神経やホルモンのバランス調整 免疫・抵抗力を高める等 様々な薬理作用を持っています。

 

プラセンタについては、多岐にわたる疾患に効果を示すと報告があります。

*アレルギー疾患:アトピー性皮膚炎 気管支喘息 花粉症など

*産婦人科疾患 :更年期障害 乳汁分泌不全 生理痛など

*肝臓疾患   :肝炎 肝硬変など

*肌の老化   :肌荒れ 乾燥肌など

*美容     :シミの予防と改善 しわ・たるみを修復

美肌・美白

 

プラセンタについてご理解いただけたでしょうか少しでも興味を持たれましたら、ぜひ、お気軽に当院スタッフにお声掛けください。

当院では、プラセンタ療法を希望する方へ適切な用法・用量を検討いたします。

お気軽に、ご相談ください。

 

 

(医)扶顛堂たかぎクリニック

http://www.utp.co.jp/ ㈱UTP ユニバーサル・トランセンド・ブランニング