乳児検診・予防接種・患者様へ

 

■B型肝炎ワクチンは平成28年10月1日から定期接種[公費]になります


 

対象は 平成28年4月1日生まれ以降で、1歳に至るまでのお子さんです。

 

標準接種期間は 27日以上(4週)の間隔をおいて2回皮下注射した後第1回目の注射から139日(20週~24週)以上の間隔をおいて1回皮下注射をします。

 

◎ ただし、平成28年4月~7月までに生まれたお子さんは標準的なB型肝炎ワクチンの定期接種が実施できないので、生後2か月で任意接種の第1回のB型肝炎ワクチンを受けるか、10月まで初回接種を待つのであればできるだけ早く接種し、1歳までに3回の接種を終了するようにして下さい。

 

3回目の接種が1歳を過ぎれば、任意接種で費用は自己負担になります!

 

* 同居者にHBキャリアの方がいた場合、出生直後、1ヵ月、6ヶ月のワクチン接種が望まれます。10月からこの対応は可能となりますが、それまでは任意接種となります。
* 2016年3月以前に生まれたお子さんは今回の定期接種の対象となりませんが、3回のB型肝炎ワクチンの任意接種を受けることをお勧めします。
* HBキャリアのお母さまから生まれたお子さんは今回の定期接種の対象外ですが、これまで通り保険医療で出生直後からグロブリン・ワクチン接種が開始されます。

 

◎ 今年度は10月からの半年間は接種者が数倍になる可能性があり、ワクチンの不足も考えられます。4月~7月までに生まれた方も定期接種開始を待たずに早めに1回目を接種することをお勧めいたします。

 


大切な子どもをVPD(ワクチンで防げる病気)から守るためには、接種できる時期になったらベストのタイミングで、忘れずに予防接種を受けることが重要です。
☆定期接種(定められた期間内であればほぼ無料)
☆任意接種(有料)ロタ・B型肝炎・水痘・おたふく
☆同時接種(同じ日に複数のワクチン接種を受ける)
☆不活性ワクチン・生ワクチン・接種間隔・対象年齢・おすすめの接種時期(接種回数)

 

など、予防接種のスケジュールを立てるのも大変です。
予防接種も兼ねてスケジュール相談をご希望の方は、受付窓口までお電話ください。

予防接種は、通常通り、ご予約にて。
木曜日・祝日を除き、14時から行っています。

 

■予防接種のご案内


 

接種可能な予防接種ワクチン一覧

 

・二種混合(DT)
・麻しん、風しん(MR)
・日本脳炎
・BCG
・不活化ポリオ単独(IPV)
・四種混合(DPT)
・ヒブ
・小児用肺炎球菌
・子宮頸ガン
・水痘
・高齢者用肺炎球菌
・B型肺炎